自動車買取 ローン 残っている

自動車買取時にローンが残っているときは

自動車買取時にローンが残っているときは
まずその車の「所有者」を確認しなければなりません。

 

 

所有者が自分名義(車検証の所有者欄が自分)であれば
問題なく自分の意思で売却することができます。

 

 

しかし、所有者が販売業者やローン会社名義になっていたら
(実際はこのケースが多いんですが)やや面倒です。

 

 

基本的にはそのローンを完済して
所有者を自分名義に変えて売却することになります。

 

 

完済できない場合はローンの残額を別のローンに組み替えて
所有者を自分名義に変えます。

 

 

こうした手続きは、その自動車を買った業者が健在なら
比較的スムーズに進めることができるでしょう。

 

 

しかし厳しい経済情勢の中、業者が倒産や廃業などしていて
所在地すらつかめないこともあり得ます。

 

 

こういう事態になれば、業者(または管財人)を探し出して
必要書類と委任状に実印と印鑑証明をもらわなければなりません。

 

 

実際上、こうした面倒な手続きは
買取業者か専門業者に依頼することになるでしょうが
多少時間がかかることだけは覚悟しておかなければなりません。

 

 

お金に関してはローンの残額が車の売却価格より少なければ
差し引いて処理できますが
ローン残額のほうが多かったら差額を用意する必要があります。

自動車買取時にローンが残っているときは関連ページ

トラブらないために
自動車買取時のトラブルで多いのが車引き取り後に値引きを行ってくる業者。そんなトラブルに遭わないためには?
任意保険の手続きについて
自動車買取サービスなどでマイカーを売ったときは 任意保険の手続きも忘れずに。