自動車買取 任意保険

自動車買取時の任意保険の手続きについて

自動車買取サービスなどでマイカーを売ったときは
任意保険の手続きも忘れないようにしましょう。

 

 

任意保険は1年分の保険料を一括して支払うのが通例ですが
車を売れば当然その任意保険を解約することになり
残存期間によって保険料が返還されます。

 

 

解約の手続きが遅くなったりすると
残存期間のとらえかたなどでトラブルこともありますから
ただちに保険会社に連絡しましょう。

 

 

もちろん車の買い替えの場合は解約の必要はなく
契約内容の変更(車種の変更)ということになります。

 

 

これには新しい車の車検証のコピーが必要ですので
ただちに準備して保険会社に連絡しましょう。

 

 

もし、車を売る時と新しい車を買う時に時差があるようなら
保険会社から「中断証明」をもらっておくことが大切です。

 

 

任意保険は、事故がなければ次年度の掛金が安くなりますが
いったん解約すると再開しても新規の金額になるからです。

 

 

「中断証明」があれば最長10年の継続効果があります。

 

 

うっかり忘れていても車を売って13カ月以内なら
発行してもらえますから、ぜひ手続きしましょう。

 

 

また、任意保険は車種によって保険料が異なります。

 

 

車を買い替えるときは
任意保険を見直しよい機会かもしれませんね。

自動車買取時の任意保険の手続きについて関連ページ

ローンが残っているときは
自動車買取時にローンが残っているときはどうしたらいい?
トラブらないために
自動車買取時のトラブルで多いのが車引き取り後に値引きを行ってくる業者。そんなトラブルに遭わないためには?